仕事をどこで探すか?

■■稼げる自分の作り方■■

一生懸命働いても賃金が低い昨今!出るのはため息ばかりですが・・・ 
でも負けてはいられません!
☆☆ 「頑張れば!! 来ない明日はない」 のです♪ ☆☆


それにしても募集広告・・・

政府は正規雇用をうたっていますが・・・相変わらずの派遣が多いですね?!
「正規雇用」も時給から初めての試験雇用が多く、相変わらずの難関です。


原則働くなら「正規雇用狙い」です。
利点を上げていきますと

★ 定期昇給(労働組合が無い場合でも賃金保証やベアアップが狙えます)
★ 賞与(ボーナス) これがあると無いではTOTALが大違いです。
★ 有給(派遣にもあるところがありますが、取りやすい)
★ 昇進(レベルアップ ヘッドハンティング率が違います)



と言う事で・・・ 私は3人の子持ちながら13年(38〜50歳) わずか一時間の違いなら
と、(パートは7時間) 正規雇用(8時間労働)で頑張りました。

子供を保育園、学童に入れながら5時までの勤務の所でダッシュで駅に走ったり
車通勤の出来る処で「近場」で探しました。
「仕事をどこで探すか」に書きましたが、大手の「支社狙い」で正規雇用があります。



リクルートスーツで電車に揺られている人をいまだ見ますが・・・
大手企業でさえ「派遣」の多い時代です。明日はわかりません。
一日も早く「経験を積んで実践の出来る人に仕事はあります」 恩給狙いの公務員や医療関係は別ですが、それさえ能力を積めば「編入」出来る可能性があります。


公認で「副業も認められるように」なりました。

「自分に投資」できる資金稼ぎが優先すると思っています。 
まずは、スタート!  家から出て働きましょう♪


こんな時代だからこそ、本気で自分のレベルアップに取組むべきだとおもうのです
でも、でもパソコン教室や英会話学校、通信技能教育etc・・・
先立つものがかかります。

私は、仕事をしながら、自分が何をしたいのか、何を目指すのかと試行錯誤しながら、独学でやってきました。

何かをやる為のベース(収入)は常に確保しながら、通信教育をやったり、図書館を書庫代わりに使ったり、ひたすら無い頭を、叱咤激励、駆使して自分のスキルアップに努力してきました。


本来、出来のいいほうはありませんので、勉強にかける時間は人の倍必要でしたし
今でも、日々勉強中です (・・・ 覚えた端から抜けていきますので (笑))

でも、「 間違えながら、恥をかきながら 」ここまでやってきたおかげで、
実践に非常に強くなれましたし、工夫(ごまかし?)も上手になったと思います。
かんがえてみてください  採用側が求めるのは資格でしょうか?

雇うときの、目安にはなるとは想います。
 又、自分自身への評価基準にはなるかとは思います。

でもそれって・・・ 本当はとても頼りないものだと思いませんか?
雇用者側が求めるのは最終的には、「意欲と実力」です。
 
とりあえず、受入先(仕事)を先に探して、実践力を磨きましょう!
やりたい(やってみたい)仕事を先に探して、力は実戦で磨きましょう♪

ちなみに・・・ 私の経験をお話しますと




◆ 初めて事務を目指したのが38歳です。

→ 算盤(そろばん)どころか、電卓の叩き方も知らずに 「営業事務」 に・・・

紙に書いて集計、計算がめんどくさくて、当時はまだ「真っ黒な画面のコンピューター」

パーソナルコンピューター(PC)という言葉も、ないころ、当然HowTo本も、教えてくれる人も居ないまま、一つ一つ、キーを押してみては「結果」から学び覚えました。


「計算も苦手」で、「字が汚い」 私が、事務仕事 = 「計算事務」のスタートでした。

当時、 よくパソコンをフリーズさせては、「壊した」 「壊した」と言われたものです。
 再起動させて治しました〜♪

※ パソコンは原則「再起動」させると「自己修復」の能力があります。

< 覚えておいてくださいね! >



結果、上司にパソコンを教える側に!(娘のアトピーが悪化し一時退職)

→ この時期に 「運転免許」を 取得 「英語の 翻訳学校(通信で3年)」して ・・・
次回のスキルアップに励みました。



◆ 化粧品の仕組みが知りたく「製造メーカー」へ(工場に車で通いました)
◆ 電波の仕組みが知りたく「伝送業者」へ(簿記を覚えました)
◆ いい車が欲しくて「中古車輸出業者へ」(英語でサクサク)

やってるうちに「パソコン」のスキルが上がり
◆ 「 パソコン講師へ 」 → WEB業者へ



※ もし あなたの年齢が高く、スキルがあるなら・・・
「キャリア雇用」の人材派遣会社に登録しておくと→ ヘッドハンティングの可能性
働きながらスキルアップしていき → 収入アップしていけますよ♪

学びながらキャリア雇用を目差せるところもありますよ♪

動画で学べるキャリアアップ


応募条件の裏を読む!

仕事をどこで探すか 「地元の新聞求人チラシ」


◆ 日曜日に掲載があると翌週中ほどが〆、週末 面接が多い
  (採用が早い、通勤が楽、子供の送迎が便利)
◆ 多少給料は安いが採用される側に地元という強みがある
  (地元だと評判が気になり解雇されずらい、帰りにお買い物♪)
◆ 郊外だと中小企業、大手の支店の雇用が望める
  (福利厚生が行き届いているケースが多い、賞与なども本社並と同等)
◆ 広告費をかけられる→ 経費からして景気が良い場合が多い、

<家事との両立が図れるので育児中、介護中にメリット>


例: 下は求人広告会社大手


こんな方に…メリット

◎ 自宅で仕事を探せるのでゆっくり探せる!
◎ 時間短縮でスムーズに♪
◎ とにかく通勤時間を短くしたい
◎ 地元がいい・・・育児・介護
◎ あなたの年齢は?=若い
◎ 短期・臨時でも良い
◎ すぐ働きたい


仕事をどこで探すか 「ハローワーク」


◆ 掲載期間が最近のものなら雇用が早い
   (穴埋め求人が多い)
◆ 嘘が少ない(規則があり、額面通りの提示でなければ罰則)
   (体質が古い分、多少の能力でも時間をおいて見てもらえるメリットが・・・)
◆ 交通の便が悪い(車通勤)の所に大きな会社の支社などがある場合は狙い目!
  (マイカー使用で経費が認められるケースがある)
→ ※  <本社と同じ条件での雇用が期待できる>



インターネット ハローワーク






こんな方に…メリット
◎ 給料が保障されている  ・・・最低賃金などは遵守
◎ 雇用体系にこだわる  ・・・ 見習い期間があっても正規雇用になるチャンス
◎ 確実に面接を受けたい ・・・紹介状の「返送義務」があるため
◎ あなたの年齢は?=高い ・・・年齢制限をしていない(原則)
◎ 保険がある(失業保険) ・・・ 他 福利厚生も「規定」を遵守
◎ 長く・安定して勤めたい ・・・ 基本は正社員 短期派遣ではない

 


ハローワークで仕事探しを「効率よくする」 方法

※ 攻略法: 時短で効率よく探す方法があります♪

◆ ネットでじっくり検索 → JOBナンバーを書き留めて →ハローワークに

◆ パソコン画面で「番号で検索」 → 印刷

◆ 紹介状を窓口に提出 → 紹介を受ける 

これでかなりな「順番待ち」のロスが消えます。

何件かまとめて検索→ プリントして提出すると・・・
 ※ 「採用済み」で断られるケースに対応♪ 

< 無駄なく探せます。>
この方法は、「失業保険受給」の際の時短にも使えます♪


※ 裏読みポイント

◆ 採用「一人」 の場合は ・・・ 小さな会社が多い
デメリット
〇 あまり景気が良くない
〇 穴埋め雇用
〇 雑用多し→ 責任多し

メリット
〇 一旦仕事に慣れると長く雇用される
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆ 採用「一人」以上〜 大勢の場合は ・・・
デメリット
〇 首切りも早い恐れが

メリット
〇 景気良し ・・・ ボーナスが見込める
〇 社員多し → 責任分担できる
〇 社員厚生が篤い可能性




このサイトがあなたの役に立つものであるなら、
管理人としてこの上ない幸せです。